病院と避妊薬のイラスト

病院で避妊を行なう場合に処方されるお薬についてご紹介します。また病院でピルなどの避妊薬を処方してもらう場合、保険証が使えず自費負担となるケースが多いので注意しましょう。

避妊をした日付とその後の症状について

性交渉をする場合、基本的にはあらゆるリスクを減らす為にも、避妊をする必要があります。いわゆる生…で性交渉を行うリスクと言うのは、成人であれば誰もが理解していることになります。仮に生でしてしまった場合、タイミングにもよりますが、何が起こってもおかしくないと考えなくてはなりません。また、その日付をしっかりと覚えておかなくてはなりません。と言うのも、仮に避妊をせずに行為を行った結果、妊娠してしまった場合、いつの行為で妊娠してしまったのかを考えなくてはならないからです。つまり、女性側からすれば、誰の子供になるのかを明確にしなければならないからです。ただ、個人差に幅はありますが、妊娠してるかしてないかの症状と言うのは人によって様々です。妊娠1ヶ月くらいで目眩を起こす人もいれば、妊娠半年が経過してもお腹のふくらみに気づいてるだけで、それが妊娠だとは気付かずに普段と同じように暮らしている方もいます。ほとんどの場合には、生理の遅れで妊娠に気づきます。また、先程挙げたように、日付をつけておく習慣と言うのは、妊娠した後にも非常に大切な事になります。妊娠したら、多くの人は産婦人科に通院することになりますが、いつ、どのような症状が起こったかと言うのを記録しておき、産婦人科に伝えることで、ちょっとした異常に気付くことができます。それが、結果として産まれてくる赤ちゃんの命を守ることにも繋がるのです。また、妊娠中の日付の記録と言うのは、出産後にも効果があります。振り返ることの出来るかけがえのない思い出になるからです。その思い出は、自分だけでなく、産まれてきた赤ちゃんが大きくなった時に成長の証として見せることができます。