病院と避妊薬のイラスト

病院で避妊を行なう場合に処方されるお薬についてご紹介します。また病院でピルなどの避妊薬を処方してもらう場合、保険証が使えず自費負担となるケースが多いので注意しましょう。

経口避妊薬ピルの種類

経口避妊薬ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンを混合した薬で、ふたつのホルモンの作用により排卵を抑制し妊娠を防ぐ効果があります。排卵を抑制するのは主に黄体ホルモンの役割ですが、その効き目は卵胞ホルモンが多いほど強化されるという相互作用があります。そこで経口避妊薬は、卵胞ホルモンが多い順に、高容量ピル・中容量ピル・低用量ピル・超低用量ピルに分類されています。高容量ほど避妊効果は高い反面、乳がん・子宮頸がんや肝障害などのリスクも高まるため、現在では低用量ピルが主流になっています。しかし緊急避妊薬のモーニングアフターピルとしては、卵胞ホルモンの用量が多い薬も用いられます。
低用量ピルには1シート21錠入りと、28錠入りの2種類があります。どちらも1日1錠ずつ服用しますが、21錠入りは1シートを使いきった後に7日間の休薬期間があります。その手間や飲み忘れの危険を防ぐため、28錠入りでは休薬期間を省き、かわりに7錠は何の効果もない偽薬となっています。偽薬は飲み忘れても影響はありません。
また一相性ピル・二相性ピル・三相性ピルに分類することもあります。一相性ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの比率が、21錠全部で同じになっています。服用方法が簡単で、生理日を調整しやすいというメリットがあり、欧米で人気の高いピルです。二相性ピルは両ホルモンの比率が2段階に変化するもの、三相性ピルは3段階に変化するものです。これらは人間の自然なホルモンバランスに近くなるよう工夫し、副作用を抑える効果を狙っています。日本ではいずれの種類のピルも入手できますが、人によって合ったり合わなかったりするので、いろいろ試してみるのも一つの方法です。